ノンカフェイン 生姜紅茶 ばんどう紅茶 - 健康生活の森

健康な生活のための、生活用品や健康用品を紹介する健康生活の森

ノンカフェイン 生姜紅茶 ばんどう紅茶

作成 by まき

アッサム紅茶を特殊な製法によりカフェインのみを抽出除去した紅茶(デカフェ)と生姜、ルイボスをブレンドした、ばんどう紅茶園の生姜紅茶。

ノンカフェイン 生姜紅茶

渋みが少なくあっさりとした口当たりのノンカフェイン紅茶に生姜の ピリッとした刺激が溶け込んだ清涼感のあるジンジャーティー。

 

国産の生姜、インド産のデカフェ紅茶、南アフリカ共和国産のルイボスをブレンドした 生姜紅茶。

 

お茶の摘み取りはインドアッサム地方の女性たちが手作業で摘み取り、その後 紅茶製造工場にて加工されます。

 

生姜は、熊本県内にある契約農家さんの生姜畑で、土からこだわり丹精込めて栽培されています。

 

高知県産の生姜に比べ水分量が少なく香りや風味が強いのが特長で、生のショウガには94パーセントの水分が含まれています。

さらに特殊な乾燥機で時間をかけて低温乾燥させると「濃い」ウルトラ蒸し生姜となり ます。

 

『蒸し生姜』とは生のショウガを一度 蒸してから10時間かけて低温乾燥させることで一般的な乾燥生姜よりも香り成分や辛味成分を多く含み強力にカラダの芯から温めます。

 

チップ状の生姜をブレンドすることで蒸らす時間に伴い生姜特有の爽やかな風味や辛味成分が徐々に溶け出し擦りたてを思わせる清々しい香りが口に含んだ瞬間に一気に広がります。

 

1ティーバッグ中に2.5gの原料が充填され、ベストバランスの配合を実現。

 

1ティーバッグで大きめのマグカップなら たっぷり一杯。

紅茶カップなら2杯召し上がれます。

 

生姜紅茶の評判

生姜湯と言っても甘い味付けはありません。処方された漢方薬を〇〇湯と呼びますが、そのような感じがする飲み物です。

生姜の香りとピリッとする辛味が好きな人には良いと思いますが、強調し過ぎると苦手な人にはお勧めしません。

生姜の香りも辛味も好きですし、好んでうどん屋一夜薬本舗の生姜飴「辛味絶佳」を食べるくらいなのでこの味は好きです、さすがに生姜だけでは飲めませんので、矯味剤として紅茶が入っている感覚です。

飲むとお腹の中からポカポカして来る感覚があり、暖房が入っていても足元が冷えがちなのですが、手先、足先にまで温かな血が巡って行きます。

 

冷え性対策に飲み始めました。濃い味というので、辛さを覚悟していたのですが あれ?思ったよりショウガ味はマイルドでした。ショウガ風味の紅茶です。自分が期待していた、身体のぽかぽか感はあまりなかったです。

 

生姜紅茶としては合格だと思いました。紅茶の葉も一つのティーパックの中にかなりの量が入っていて、葉の開きもとても良いです。生姜紅茶では生姜の風味があまり感じられないものもあったりしましたが、これは生姜が強すぎず弱すぎずでバランスがいいと感じました。パッケージもクラフトパッケージに見えますが内側はきっちりアルミ包装です。